玄米食で加齢臭を抑える

体臭相談室

玄米食が加齢臭対策につながる!

加齢臭対策の食事の箇所でもご紹介させて頂きましたが、食事のスタイルを和食に切り替えることで加齢臭対策につながります。
和食の素材には、ビタミンCやビタミンEなどが多く含まれている野菜や豆類が豊富に使われています。
そのため、これらの栄養素が体内での酸化をブロックし、加齢臭の発生の原因となるノネナールの発生をブロックします。

和食に含まれている素材の中で、もう一つ注目すべきは「玄米」です。
最近では、「健康のため玄米を食べる」という人が増加しているようですが、玄米は白米に比べてどのような違いがあるのでしょうか。

収穫した米のうち、一番中心の胚乳のみを食べるのが白米。
玄米は、もみ殻以外の部分全てを食べるので、胚乳の他に、脂肪・タンパク質・セルロースを含む果皮・種皮、脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどを含む湖粉層・胚芽があり、その他にも葉酸、パントテン酸、イノシトールなども含んでいて、まさに、栄養たっぷりの食材なのです。

少し詳細に見てみると、ビタミンB1は、炭水化物の消化吸収を助け、疲労、胃腸の疲れ、便秘、イライラの解消などに役立ちます。
ビタミンB2は、粘膜や皮膚を健康に保つために大切な成分です。
また、脳の働きに重要な役割を果たすビタミンB6、貧血予防に役立つビタミンB12、抗酸化作用がありホルモンバランスを整え「若返りビタミン」と言われるビタミンEなどを含みます。

ビタミンEの抗酸化作用は、脂肪分の酸化が原因で発生する加齢臭の予防にも最適です。
また、毒物や老廃物を体外に出す働きのある、ガンマーオリザノール・イノシトール・フイチン酸などを含んでいて、様々な環境の変化により、有害物質のことも考えざるを得ない現代人にとって、とても有益な食材です。

また玄米には「酵素」が豊富に含まれています。
酵素は体の中の様々な場面で活躍していますが、加齢や不摂生により減少します。
酵素が不足することで、活性酸素が十分に取り除けず、体内で酸化反応が起こってしまうこともあります。
そのため、玄米に含まれる酵素を摂取することで、体内での酸化反応をブロックし、加齢臭の発生がやわらぐことにつながると考えられます。

玄米が苦手な人もいますが、炊き方によって美味しく出来ますし、胚芽米や七分づき米に雑穀や豆を入れて一緒に炊くと、玄米を食べるのと同様の効果が得られます。

毎日食べているお米を玄米に変えるだけでも、様々な良い事が期待できますので、ぜひ試してみて頂ければと思います。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる

こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

現在地:トップページ加齢臭に関する記事 防止する食事、食生活玄米食が加齢臭対策につながる!