肉中心の食事が加齢臭の原因?

体臭相談室

そのニオイ、原因は肉類中心の食事かも?

10-2-1

日本において加齢臭の研究が進み、臭いの原因物質が特定され名付けられたのは2000年のことです。
近年までこの体臭が取り上げられる機会がなかったのは、そもそも以前の日本では、加齢臭がほとんど存在しなかったためです。

その理由は「食事」にあります。
野菜や魚、豆などを中心にした和食では、体臭が強まる原因がありませんが、近代の「食の欧米化」そして加工食品の増加により、肉中心で、ファストフードやスナックなど脂質の多い食事が増えていきました。

加齢臭は、皮脂腺内の脂肪酸の量が増えること、さらに体内の抗酸化作用が弱まることで活性酸素が脂肪酸を酸化させて発生します。
肉中心のメニューには脂質が多く、皮脂腺内の脂質の増加に伴って、加齢臭が強くなりがちなのです。

全く食べないほうがいい、というわけではなく、肉に含まれるタンパク質は、人体の生存に必要不可欠の栄養分です。
しかし食べ過ぎは良くありません。
先に述べたように体内の脂質量を増加させるだけでなく、分解の際にアンモニアなどの有害物質を発生させ、これが悪臭として口や皮膚から排出されることがあるのです。

ですので、肉を摂りすぎないように気をつけ、できるだけ野菜や果物中心の食事を心がけましょう。
野菜や果物には、抗酸化作用が期待できるビタミンC・Eなどの栄養分が豊富なので、加齢臭の予防に効果的です。
食べるとしても、脂身ができるだけ少ない鶏胸やささみ、牛のヒレを選ぶようにしてみましょう。

食事を魚や野菜中心にしたからもう加齢臭予防は万全・・・というわけではありません。
いくら食事を変えても、睡眠時間が少なく生活リズムが乱れていたり、ストレスを溜めたままでは、また別の臭いの原因を作り続けることになります。
体の中から酸化を抑えるサプリメントやグッズの利用もあわせて、長い目での臭い対策を目指してください。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


肉類を食べる時に気を付ける事

10-2-2

肉類を食べ過ぎると加齢臭を強めてしまいます。
ですが、肉類をまったく食べないというのも、今さら不可能でしょう。
肉類を食べるにしても、加齢臭を目立たなくする方法を考えながら食べるようにしましょう。

まず、肉類を食べる時には野菜も食べるようにすることです。
野菜に含まれる栄養素には、抗酸化作用があるものがたくさんあります。
これらは、脂質の酸化をブロックしてくれるのです。
肉類を食べる時は、副菜で野菜を肉の2倍以上食べるようにしましょう。
また、納豆や卵、レバー、シシャモやサンマなどに含まれるビタミンB2は、脂肪の代謝を手助けするので、ビタミンB2を含む食品を意識して食べる事も加齢臭対策になります。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる

こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

現在地:トップページ加齢臭に関する記事 防止する食事、食生活 そのニオイ、原因は肉類中心の食事かも?