自分でできる加齢臭ケアのポイント

体臭相談室

自分で出来る、加齢臭ケアの方法を教えて下さい

加齢臭対策グッズを用いることで、手っ取り早く加齢臭を抑えることができます。
しかし、これと同時に自分で出来る加齢臭ケアを実践することで、より充実した加齢臭対策を行った頂くことができます。

そこで、このページでは「自分で出来る加齢臭ケア」ということについて情報提供させて頂きたいと思います。

加齢臭のケアを始める際に心掛けなければいけないことは、まず加齢臭発生のメカニズムを知り、それに最適なケアをすることです。
加齢臭は一般的に「古本・古新聞」「ろうそく」「チーズ」などの臭いと表現されることが多く、40歳過ぎあたりから発生すると言われています。加齢により、皮膚から分泌される皮脂の中の9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質により酸化・分解されることにより臭いの元であるノネナールが発生し加齢臭になるのです。

また、体を酸化させる活性酸素も臭いの原因となります。若い頃は活性酸素を除去する機能がよく働くのですが、加齢とともにその機能は弱くなり、体内で活性酸素が増えてしまうのです。このような加齢臭の原因を踏まえ、それに対応するケアが必要になります。
(加齢臭の発生のメカニズムに関しては、こちらのページに図を用いて分かりやすく説明していますので、ご参考になさって下さい。)

加齢臭をケアするための方法は、「外面からのケア」と「内面からのケア」の2つに分かれています。

まずは外からのケアとして、肌の清潔を心掛ける事が大切です。皮膚からの分泌物の酸化が臭いの原因となっていますから、こまめに汗をふきとったり、毎日入浴し身体を清潔に保ちましょう。
ここで大切なことは身体をゴシゴシと石鹸で洗いすぎない事です。
皮膚には適度な油分も必要ですから、必要な油分まで全て洗い流してしまうと、脳がもっと油分を必要だと思い、大量に皮脂分泌をしてしまいます。余分な皮脂や汚れはザッとシャワーで洗い流したり、湯船に浸かるだけでも落ちますから、石鹸で念入りに洗う必要はありません。
  
次に内からのケアとしては、食生活の改善が重要となります。加齢臭対策には、肉食中心の洋食よりも、日本食が最適です。
肉類の動物性脂肪を沢山摂ると、皮脂腺が活発化して体臭が強くなります。加齢臭の原因は体内の活性酸素ですから、体の酸化を抑える抗酸化作用のあるビタミンⅭ・E、カテキン、ポリフェノール、βカロテンなどを含む食品を選びましょう。つまり、緑黄色野菜中心の食事が良いのです。

このような日常生活の中でのケアに関しては、「長期的に継続すること」「無理をしないこと」が大切です。
加齢臭は長年の体の変化の結果発生しているものですから、数日で克服できるものではありません。
無理せずに継続できることを習慣とし、新しく取り入れていくことが大切です。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる

こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

現在地:トップページ加齢臭に関する記事 具体的な悩み相談とアドバイス自分で出来る、加齢臭ケアの方法を教えて下さい