香水をつけると加齢臭対策になるの?

加齢臭に関するQ&A

加齢臭は香水で消すことができますか?

4-1-1

加齢臭は香水で消すことができるのかどうか・・・この答えを考えるにはまず、香水がどのようにして生まれたのかを知ることから始めましょう。

香水が生まれたと言われるのは、中世ヨーロッパの時代です。
この頃は入浴の習慣がなく、体臭を消すために香りを利用したのが、香水の始まりと言われます。
その方法は、自分の体臭と相性の良い香水を使うことで、自分だけの「オリジナルの香り」「嫌ではない体臭」を作り出すというものでした。
つまり、元々香水は体臭を消すために作られたものではなく、体臭を別の香りに変えるために作られたものなのです。

日本人の感覚では、香水のような強い香りをつければ体臭は消せるのでは、と思うかもしれませんが、消えているわけではなく、複雑な臭いとなって存在しているのです。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


香水の利用が体臭を強める可能性も

4-1-2

柑橘系などさわやかな香りは加齢臭と相性がいいと言われ、インターネットで調べてみると「加齢臭にオススメの香水」として紹介されています。
しかし相性のいい香りといえど、加齢臭を消せるわけではないのです。

体臭が少ない日本人は、「常に臭いがある環境」に慣れていません。
そのため、香水などの人工的な強い臭いを不快なものと感じがちです。
消えない加齢臭を消そうとして香水の匂いがきつくなれば、周囲の人たちにとって「強い臭いストレス」になってしまいかねません。
香水の性質、そして日本人の香りの捉え方の傾向から考えて、加齢臭を香水で消すのは難しく、むしろ逆効果になる可能性があるのです。
香水をいくらつけても、加齢臭は体の中から発生し続けているため、常に香水をつけ続けなければならなくなってしまいます。


正しい加齢臭対策とは?

スプレーするものでいうと、香水など匂いをつける性質のものよりも、加齢臭対策の消臭スプレーを利用するのがおすすめです。
昔から消臭に利用されてきたミョウバンのスプレーは、自作することもできます。

そして、体の中からの加齢臭対策に取りかかりましょう。
加齢臭の元であるノネナールの発生に関係するのは、「脂質」と「酸化反応」の増加です。
これらを抑えるため、まずは食習慣を見直します。
肉類や揚げ物、ファストフードや添加物の多い食事を控え、和食のバランスを増やしましょう。
抗酸化を助ける野菜や果物も、食材に取り入れるようにします。
脂質を燃焼してくれる、ほどよい運動を習慣にし、酸化を促す喫煙は止めておきます。
入浴はシャワーで済ますのではなく、1日1回は湯船にゆっくりと浸かって汗腺機能を高めると、体臭を和らげることにつながります。
抗酸化の力は、加齢臭対策のためのサプリメントから期待することも可能です。

生活習慣の改善やサプリメントの服用は、時間をかけて少しずつ実感できるものです。
そのため最初は、「本当に加齢臭にいいのかな」ともどかしく感じるかもしれませんが、まずは数か月続けてみて、体臭の変化を確認してみてください。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A