加齢臭は仕方ないものだからと諦めずに対策を!

加齢臭に関するQ&A

中高年になって加齢臭が出るのは仕方ないことですか?

2-2-1

加齢臭という名前は、「年齢とともに体臭も変化する」という意味を込めて名付けられたそうです。
確かに体臭が全くないという人は存在せず、「中高年になった時に出る体臭」が加齢臭だと考えれば、それは一見、仕方ないことのように思えます。

例えば「加齢臭が出るのは健康なしるし」という意見も見られます。
加齢臭は、皮脂腺のなかの脂肪酸と過酸化脂質が酸化反応を起こして発生するにおい物質であり、こういった化学反応が起こることは体がしっかりと活動している証拠と見ることができるから、という理由だそうです。
うっすらと加齢臭が出ている程度であれば、健康のしるしと言っていいのかもしれません。
しかし、近寄るだけですぐ気づくほど強く臭っている状態、それが周囲の人に不快感を持たれるような状態は、「健康な状態」「仕方ないこと」と見過ごしていいとは言えないのではないでしょうか。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


加齢臭は「仕方ない」とは言えない?

2-2-2

健康面で見ると、加齢臭が強すぎるのは仕方ないことではなく、生活の改善が求められる状態と言えます。
その理由は、加齢臭の発生過程を見れば明らかです。
加齢臭の材料となる脂肪酸や脂質が過剰ということは、普段から脂質や糖分を摂りすぎていて、これらを消費する活動量、運動量が少なすぎるということです。
これらは生活習慣病を招きやすい特徴であり、何らかの不調が起こらないうちに生活スタイルの見直しが必要です。

さらに、不快なほど加齢臭が強まってしまうのは、身だしなみへのケアが足りない可能性があります。
加齢臭は男女ともに発生するものですが、圧倒的に「おじさんの臭い」というイメージが強いですよね。
これは、男性よりも女性の方が身だしなみに気を遣う傾向があるためと言われます。
加齢臭が出ても、毎日の入浴で体を清潔にし、こまめに洗濯したり、毎日身だしなみに気を遣っていれば、臭いの悪化はある程度対策できると考えられます。


自分のためにも、前向きに加齢臭対策を

40~50代を過ぎても、体臭が全く気にならない方もたくさんいます。
生活習慣の中で体臭発生の要素が高い方、さらに身だしなみへの注意が足りていない場合に、加齢臭がきつくなってしまうのではないでしょうか。

体臭を指摘されるのはショックなことで、本人にとってデリケートな問題ですが、周囲の人にとっても深刻な問題になり得ます。
臭いに敏感な方では、きつい加齢臭で頭痛や吐き気を催すというケースもあるのです。
社会的な傾向として体臭への注目度が高まっていて、職場の評価で「身だしなみ」の項目を設ける企業が増えているという事情もあります。
周囲の人のためだけでなく自分のためにも、加齢臭は仕方ないと見過ごさず、前向きに対策に取り組んでみましょう。
入浴時、洗濯時、お出かけ前のスプレーなど、既に発生した加齢臭への対策と並行して、臭いの発生そのものも対策しておきたいものです。
そのためには、加齢臭が起こる時の「酸化」をブロックしてくれる、抗酸化成分を配合したサプリメントが役立ちます。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 2-5-s

    加齢臭が出てくる皮脂腺とは、どのようなものですか?

    加齢臭は皮脂腺から発生します。皮脂腺は頭部、顔、胸元、背中の中心部などいわゆる脂漏部位に集中しており、加齢臭が強まりやすい箇所です。間違った肌ケアに注意し、皮脂の状態を健康に保つことが体臭対策に繋がります。


  • 4-2-s

    お風呂に入っているのに加齢臭が消えないのはなぜ?

    加齢臭が気になりはじめたら、まずはお風呂の入り方を見直しましょう。お風呂に入った際には、湯船にしっかり浸かり、皮脂腺の多い部分を丁寧に洗い、対策グッズも賢く利用するのがポイントです。


  • 2-10-s

    加齢臭発生の原因とはどんなものなのですか?

    加齢臭がどんなものか分かれば的確に対策ができます。加齢臭は皮脂腺から発生するにおい物質で、40~50代頃に男女関係なく発生する青臭い体臭です。脂質や脂肪酸の蓄積や酸化反応を減らすのが対策のポイントです。


  • 7-5-s

    加齢臭は、年齢によってどう変化する?

    加齢臭の発生は40~50代がピークとなります。一方30~50代頃にはミドル脂臭という体臭も存在し、それぞれが重なる年代で体臭が悪化しやすいです。年齢、原因に応じた体臭対策をしていくことが大切です。


  • 2-2-s

    加齢臭は例えるならどんな臭いなのでしょうか?

    加齢臭はどんな臭いかというと、酸化した油や古臭い、黴臭い、青臭いにおいなどと例えられ、耳の後ろや枕カバーの臭いで有無を確認できます。加齢臭以外の体臭もあり、臭いの原因に合った対策が大事です。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A