加齢臭が気になる時、飲み物の選択は何がベスト?

加齢臭に関するQ&A

加齢臭が出てるかも?と思った時におすすめの飲み物は?

7-11

一見、加齢臭と飲み物は関係がなさそうに思えます。
しかし、口臭をはじめとする体臭がひどくなれば加齢臭を悪化させますし、逆に、加齢臭対策にいい成分を飲み物から摂ることができるなど、相関が考えられます。
そこで、朝、昼、夜とそれぞれに飲むものについて、加齢臭対策としてはどの選択がおすすめなのか、NGなのかを紹介します。

まず朝起きてすぐに飲む方も多い「水」は、加齢臭にとって悪いものではありません。
体の中にしっかり水分を入れ、気持ちのいい汗をかくことは、汗腺機能を高めて体臭対策になります。
飲み過ぎるとお腹が冷えることがあるので、コップ1杯程度にしておきましょう。

朝の牛乳も、コップ1杯程度なら大丈夫ですが、飲み過ぎは良くありません。
動物性タンパク質である牛乳は腸内で消化しづらく、悪玉菌が増えて体臭が強くなりがちなのです。
牛乳と似たものでは、抗酸化力とともにホルモンバランスの調整を期待できる「豆乳」がおすすめです。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


朝のジュース、そして昼間の飲み物は?

7-8-2

朝の野菜・果物ジュースも、加齢臭対策に向いています。
野菜や果物には、抗酸化力が高いビタミンCやビタミンE、βカロテンといった栄養が豊富です。
ただし市販の場合、ジュースに含まれる糖分の摂りすぎには注意しましょう。

朝と言わず、仕事の合間や休憩中、ランチなどでも飲む方が多い「コーヒー」は、加齢臭にとってどうなのか、気になるところです。
コーヒーにはカフェインと油分とが含まれており、そのため体内で脂の酸化が進んで、加齢臭には良くないと考えられています。
油分と言っても微量なので、1日にカップ2杯程度であれば問題ありませんが、ひっきりなしに飲み続けたり、牛乳を加えると臭いが発生しやすくなります。

ランチで選ぶ飲み物では、緑茶がおすすめです。
緑茶成分は、消臭剤などにもよく利用されていますが、緑茶に含まれるカテキンやポリフェノールが抗酸化力をサポートし、加齢臭対策の飲み物としても力を発揮します。
使った茶殻はよく乾燥させて、部屋の防臭剤としても利用できます。


夜の飲み物、アルコールはどう選ぶ?

そして夜の飲み物と言えば、アルコールを選ぶ方もいますよね。
基本的にアルコールは、体臭を強めがちです。
アルコール成分は肝臓でアセトアルデヒドに分解され、さらに分解が進んだ後に排出されていきますが、飲み過ぎたり肝機能が低下していると、分解しきれないアセトアルデヒドが血液に混じってしまい、体臭の元になります。
アルコール分解の過程で酸化が進んだり、発汗が促されることもまた、加齢臭を強めることにつながります。
お酒の量は、自分にとってほろ酔い状態の適量にとどめ、休肝日を設けましょう。

お酒の種類では、抗酸化力の高いポリフェノールが豊富な赤ワインやウィスキーを、炭酸で割るのがおすすめです。
おつまみは、加齢臭を強める脂っこいものを避け、抗酸化力アップを期待できる枝豆や生ナッツ、緑黄色野菜を使った料理、お肉であれば豚肉の焼き料理を選ぶようにしてみてください。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 1-2-s

    加齢臭を他人が感知する距離はどのくらいですか?

    加齢臭などの皮膚ガスを他人が感知する距離はどのくらいかと言うと、25㎝と言われています。生活の中でそれ以内の距離で接するシーンは多く、繊維に臭いが染み付いてしまうこともあります。安心して快く過ごせるように、臭い対策を始めましょう。


  • 11-3-s

    加齢臭を気にする人は、以前より増えている?

    加齢臭を含め体臭、生活臭を気にする人が増え、最近では対策商品も豊富になりました。その背景には、生活臭の減少や人間関係の希薄化、加齢臭が出やすい生活習慣の増加などがあります。


  • 2-7-s

    自分の加齢臭はどうやって確認すればいいのでしょうか?

    自分の加齢臭には慣れてしまい判断が難しいですが、臭いやすい耳の裏をこすって嗅ぐ、枕や洋服の臭いを確認する、体臭チェッカーで計測するなどの確認法があります。一番いいのは身内に確認して自分からケアしておくことです。


  • 2-2-s

    加齢臭は例えるならどんな臭いなのでしょうか?

    加齢臭はどんな臭いかというと、酸化した油や古臭い、黴臭い、青臭いにおいなどと例えられ、耳の後ろや枕カバーの臭いで有無を確認できます。加齢臭以外の体臭もあり、臭いの原因に合った対策が大事です。


  • 2-6-s

    加齢臭とその他の体臭の見分け方はありますか?

    体臭ごとに臭いやすい年代や場所、臭いの性質が異なり、これが見分け方のポイントになります。加齢臭は40~50代を中心に、頭部や顔、胸、背中から、ロウソクや古本の臭いがします。生活の見直しと抗酸化力でケアしましょう。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A