加齢臭対策に役立つスプレーを手作りしてみよう!

加齢臭に関するQ&A

加齢臭におススメのスプレー、手作りすることは出来る?

5-2-1

体臭対策を考えるとき、「手っ取り早くスプレーで臭いを和らげたい」と考えることがあると思います。
ドラッグストアなどのスプレー売り場に行くと、様々な消臭スプレーが販売されていますよね。

体臭対策のスプレー選びで大切なのは、原因に合った商品を選ぶことです。
加齢臭、老人臭、汗臭、ワキガ、衣類の生乾き臭など、体臭にはいくつもの種類があり、それぞれ原因が異なっています。
いくつかの体臭が同時に発生していることも珍しくありません。
「一番悩んでいる」という体臭の原因に合わせて、スプレーを探してみましょう。

店頭の商品を見ても、それが加齢臭にいいのかいま一つ分からないときには、インターネットで商品の詳細を調べたり、加齢臭にいいスプレーを検索してみると参考になります。
毎日使用するので定期的に購入することになりますが、臭い対策のスプレーは特殊で、どうしても割高になりがちです。
そこで、「手作りで試してみたい消臭スプレー」を3種類、紹介します。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


香りをつけた重曹スプレーを作ろう

5-2-2

まずは、キッチン周りや部屋の掃除で消臭・殺菌に利用される「重曹のスプレー」は、加齢臭対策にも役立ちます。
料理に使用されるほど体にとって無害ですし、スーパーやドラッグストアなどで安価で手に入れることができます。

水200mlに重曹1~2gを溶かし、精油(エッセンシャルオイル)を1~2滴垂らして混ぜ合わせ、スプレー容器に入れれば完成です。
スプレーが詰まらないよう、重曹は粒子の細かいものを選びます。

精油の種類では、ローズやベルガモット、ラベンダーなどが、加齢臭の原因であるノネナールとの相性がいいと言われます。
重曹は無害ですが精油は刺激が強く、直に飲んだり、皮膚に塗るのは危険です。
十分な水に少量を溶かす程度であれば大丈夫ですが、取り扱いには注意してください。
精油の代わりに、爽やかなレモン果汁を使ってもいいですね。


ミョウバンや茶カテキンのスプレーもおすすめ

加齢臭対策にいいスプレー材料として、ミョウバンも有名ですね。
こちらもスーパーなどで、手頃な価格で購入できます。
嫌な臭いを中和するだけでなく、毛穴を引き締めて汗を出にくくすると言われ、加齢臭に加えて汗の臭いも気になる、という方におすすめです。

スプレーボトルの中に水150mlとミョウバン10gを入れ、よく振ります。
使用するのは焼ミョウバンでもOKです。
ミョウバンは溶けにくいので、そのまま1日置いてから使いましょう。
早く溶かしたい場合には、半量のお湯を使って溶かします。

日本人にとって身近な「緑茶」は、消臭成分のカテキンが豊富なことから、昔から掃除などに活用されてきた素材です。
色んな種類のにおい物質に結合することで、消臭力を発揮します。
スプレーでは、粉末の茶カテキンを使用します。
お湯100ccに対し、茶カテキンの粉末を10~30㎎溶かし、スプレー容器に入れれば出来上がりです。

手作りスプレーなら、必要な時に必要な分を作ることができ、お財布を気にせずにたっぷりと使うことができます。
臭いが染み付きがちな衣類やリネン類、カーテンやソファーなどにも使ってみてください。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 5-3-s

    加齢臭にミョウバンがいいと言われるのはなぜ?

    体臭対策に役立つとされるミョウバンは金属による複合塩であり、スーパーなどで買えます。3つの理由から加齢臭対策に役立ち、水溶液にして塗ったり、スプレーしたり、浴槽に入れるなどの使い方があります。


  • 7-4-s

    加齢臭、すぐできる改善方法はありませんか?

    加齢臭改善の方法は、身近な生活の中にあります。食生活の見直しや、運動習慣をつけることで加齢臭が出にくい体質を目指すことができます。加齢臭対策サプリの服用も、すぐに取り組みやすい対策方法としておすすめです。


  • 2-2-s

    加齢臭は例えるならどんな臭いなのでしょうか?

    加齢臭はどんな臭いかというと、酸化した油や古臭い、黴臭い、青臭いにおいなどと例えられ、耳の後ろや枕カバーの臭いで有無を確認できます。加齢臭以外の体臭もあり、臭いの原因に合った対策が大事です。


  • 6-6-s

    加齢臭が引き起こす悩みには、どんなものがありますか?

    加齢臭は「自分が臭いかも」という悩みだけでなく、周囲の家族や同僚にとってもストレスになってしまいます。「自臭症」という疾患につながってしまうケースもあります。気になるのであれば、体臭対策を考えてみましょう。


  • 7-10-s

    衣類に染み付く加齢臭はどう対策すればよいでしょうか?

    におい物質は衣類に染み付きやすく、加齢臭対策することが重要です。酸素系漂白剤とアルカリ性の液体洗剤で漬け置き、洗濯して、すぐにしっかり乾かしましょう。体臭対策の衣類も販売されているのでチェックしてみてください。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A