加齢臭は周りの人の悩みのタネとなることも…

加齢臭に関するQ&A

加齢臭が引き起こす悩みには、どんなものがありますか?

6-6-1

体臭なんて誰にでもあるもの・・・そうはいっても、強い体臭は周囲の空気に漂い、繊維などにも染み付いてしまい、その人が去った後にも残ります。
あまりにも強い臭いは人にストレスを与えてしまうことになり、様々な悩みを引き起こします。

まずは、「自分に加齢臭がある」もしくは「臭っているのかも」という自分自身の悩みです。
なんとなく自分に体臭がある気がするけれど、かといって「臭う?」と聞くことも出来ず、対策も分からずに悩んでいる方がいるのではないでしょうか。
また、自分では分からないけれど、「年齢的にもしかしたら」と加齢臭の発生を不安に思ったり、周囲の人たちの様子から「もしかして?」と悩むことがあるかもしれません。

さらに自分の問題だけではなく、日々蓄積した加齢臭に、周囲の人が悩んでいる可能性があります。
近年では「スメルハラスメント」という言葉も生まれ、加齢臭もそのひとつに含まれます。
特に悩みが大きくなりがちなのは、同じ空間で時間を過ごすことが多い家族やパートナー、そして会社の同僚などです。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


加齢臭にまつわる悩みのケース

6-6-2

家族だから正直に「加齢臭が臭いから何とかしてほしい」と話しても、「年なんだからしょうがない」と取り合ってもらえないこともあるでしょう。
また、家族だからこそ傷つけるようなことは言えない、というケースもあります。
会社となれば、相手は他人であることがほとんどですから、なおさら「臭います」とは言えないものです。
しかし場合によっては、家族よりも近い距離で、長時間過ごす場合もあります。
そのような場合の悩み、ストレスは、決して軽く見ていいものではありません。

そんな時に出来ることと言えば、「さりげなく消臭スプレーを使ってみたり、芳香剤を置いたりするぐらいで、後は我慢するしかない・・・」という話も聞きます。
このような光景に気が付いた時、もしかすると、加齢臭が強まっているのは自分かもしれません。


体臭に悩み過ぎると病気になることがある?

一方で、特段悩みを与えるような体臭ではないのに、他人が鼻を触るなどの動作を見て「自分が臭いためでは」と悩んでしまう「自臭症」という病気が存在します。
これは精神的な疾患なので、きちんと病院を受診して、カウンセリングなどを受ける必要があります。

「中年男性の約8割が自分の体臭を気にしている」という調査結果がありますが、自分の臭いは、自分では正確に判断しにくいものです。
匂いに敏感な女性に聞いてみるのもいいですが、年齢や生活的に気になるようであれば、加齢臭対策を心がけてみてはどうでしょうか。
いつまでも悩んでいるだけでは、悩みそのものがストレスになって、体臭の悪化にもつながりかねません。
普段から清潔を心がけ、スプレーや消臭剤、芳香剤を適度に使ってみましょう。
加齢臭以外にも、歯周病や食べ物による口臭や、汗の臭いもあります。
体臭は総合的に臭うものなので、自分は大丈夫か一度生活スタイルを振り返り、できる対策から始めておきたいものです。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 4-2-s

    お風呂に入っているのに加齢臭が消えないのはなぜ?

    加齢臭が気になりはじめたら、まずはお風呂の入り方を見直しましょう。お風呂に入った際には、湯船にしっかり浸かり、皮脂腺の多い部分を丁寧に洗い、対策グッズも賢く利用するのがポイントです。


  • 5-3-s

    加齢臭にミョウバンがいいと言われるのはなぜ?

    体臭対策に役立つとされるミョウバンは金属による複合塩であり、スーパーなどで買えます。3つの理由から加齢臭対策に役立ち、水溶液にして塗ったり、スプレーしたり、浴槽に入れるなどの使い方があります。


  • 5-2-s

    加齢臭におススメのスプレー、手作りすることは出来る?

    加齢臭対策のスプレー商品が販売されていますが、手頃な価格でスプレーを手作りすることもできます。消臭に重宝される重曹に爽やかな香りをつけたり、ミョウバンや茶カテキンのスプレーがおすすめです。


  • 2-2-s

    加齢臭は例えるならどんな臭いなのでしょうか?

    加齢臭はどんな臭いかというと、酸化した油や古臭い、黴臭い、青臭いにおいなどと例えられ、耳の後ろや枕カバーの臭いで有無を確認できます。加齢臭以外の体臭もあり、臭いの原因に合った対策が大事です。


  • 6-5-s

    加齢臭は何歳から注意した方がいいでしょうか?

    加齢臭は40代頃から増え始める傾向がありますが、30代でもミドル脂臭という体臭が注目されつつあります。何歳からという点で判断せず、臭いエチケットとして体臭対策を考えることが大切です。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A