加齢臭対策に役立つミョウバンについて

加齢臭に関するQ&A

加齢臭にミョウバンがいいと言われるのはなぜ?

5-3-1

加齢臭対策を気にしていると、「ミョウバン」という名前をよく目にすると思います。
日本では、食べ物の発色剤や、製麺のためのカンスイとして広く使われている添加物ですが、「どんなものなのか知らない」という方もいるのではないでしょうか。

ミョウバンは、カリウムやアンモニウム、アルミニウムなどの金属が、硫酸塩の形で結ばれた「複合塩」の総称です。
スーパーなどで販売されている、ポロポロとした粉末です。

自然物であり、別府にはミョウバン温泉があります。
また、古代ローマの時代からデオドラント剤として使われていたと言われており、古くから人間の生活の中にあった物質です。
店頭のミョウバンは、工場で人工的に製造されているもので、スーパーで100円程度で購入できます。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


ミョウバンが加齢臭対策に役立つ3つの理由

5-3-2

ミョウバンが、加齢臭をはじめとする体臭対策に役立つと言われるのには、3つの理由があります。

まず、ミョウバンは水に溶けると酸性になります。
体臭を作り出す雑菌の繁殖は、アルカリ性の場合に活性化し、逆に酸性の状態では抑えられます。
ミョウバンの酸性は殺菌力になり、体臭増加を和らげてくれるのです。

次に、ミョウバンが毛穴を収れんさせる、つまり引き締めてくれることで、汗臭対策となります。
なぜミョウバンに肌を引き締める力があるのか、その具体的なメカニズムは分かっていませんが、毛穴が引き締まっていれば老廃物が溜まるのを防ぎ、悪臭発生のブロックに繋がります。

最後に、ミョウバンの化学反応による臭いの中和、消臭を期待できます。
様々な金属を含むミョウバンが起こす酸化還元反応で、におい成分が中和されます。
特にアルカリ性のアンモニア成分に、酸性のミョウバンを合わせた際の消臭パワーは、抜群です。


加齢臭対策、ミョウバンの色々な使いかた

ミョウバンによる加齢臭対策の方法として、ミョウバンを水に溶かした手作りスプレーがあります。
さらに臭いが気になる箇所には、ガーゼに浸したミョウバンの水溶液を直接塗ってみるのもおすすめです。
加齢臭は皮脂腺から発生します。
皮脂腺が集中する頭部や首筋、胸・背中の中心などに試してみてください。

ミョウバンは溶けにくいので、ぬるま湯を使用したり、よく振って1日置いてから使うようにします。
水道水の代わりに濃い目の緑茶でミョウバンを溶かすと、茶カテキンによる消臭力をプラスできます。
肌に塗ると、水分は蒸発してミョウバン成分がとどまり、肌が弱酸性に保たれて殺菌に繋がります。
ミョウバン水は冷蔵庫で保存がききますが、できれば1~2週間程度で使い切れるようにし、常に新鮮なものを使うようにしましょう。

ミョウバン水30~50ccを浴槽に入れて入浴するのも、加齢臭対策におすすめです。
ミョウバンの濃度が高いと風呂の金属が傷む場合があるので注意してください。

ミョウバンは、そのまま直接肌に使ったりすると、かぶれたり、発汗が抑えられ過ぎて体温調節に影響する可能性があります。
自分にちょうどいい使い方を見つけ、加齢臭対策の味方にしてください。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 2-5-s

    加齢臭が出てくる皮脂腺とは、どのようなものですか?

    加齢臭は皮脂腺から発生します。皮脂腺は頭部、顔、胸元、背中の中心部などいわゆる脂漏部位に集中しており、加齢臭が強まりやすい箇所です。間違った肌ケアに注意し、皮脂の状態を健康に保つことが体臭対策に繋がります。


  • 11-2-s

    加齢臭が気になる時にシャワーだけで対策できる?

    加齢臭対策では、シャワーを浴びるだけの入浴はおすすめできません。1日1回は湯船に浸かって汗腺を鍛え、汚れを落としリラックスすることが大事です。あがったら十分に乾燥させましょう。


  • 2-1-s

    「加齢臭は冬こそ要注意」というのは本当ですか?

    冬は汗が気にならない分、清潔への意識が薄まること、臭いのある汗が出やすいこと、乾燥による皮脂分泌によって、加齢臭リスクが高まる季節です。入浴や服装での工夫のほか、サプリでのサポートがおすすめです。


  • 11-7-s

    加齢臭と汗臭には関係性がありますか?

    加齢臭と汗臭は、別の場所・原因で発生する異なる体臭であるものの、同時に発生することで臭いが悪化している可能性があります。対策では入浴法や運動、洗濯方法などに共通点があり、普段から対策を心がけましょう。


  • 1-2-s

    加齢臭を他人が感知する距離はどのくらいですか?

    加齢臭などの皮膚ガスを他人が感知する距離はどのくらいかと言うと、25㎝と言われています。生活の中でそれ以内の距離で接するシーンは多く、繊維に臭いが染み付いてしまうこともあります。安心して快く過ごせるように、臭い対策を始めましょう。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A