加齢臭と汗臭、2つの関係性について

加齢臭に関するQ&A

加齢臭と汗臭には関係性がありますか?

11-7-1

若い頃は「汗臭い」で済んでいた体臭も、40代を過ぎてくると、汗とはまた別の臭いに変わっていきます。
そしてこの、「加齢によって体臭も変わる」という変化を由来に名付けられた体臭が、「加齢臭」です。
学校の部室の空気のような汗臭に対して、加齢臭は、もっと乾いたようなかびくさい臭いで、ろうそくや古本、チーズに例えられます。
臭いの傾向は似ていない加齢臭と汗臭ですが、互いに関係はしてくるのでしょうか?

まず、加齢臭と汗臭がどのように発生するのかを見てみましょう。
加齢臭は、皮脂腺の中で脂肪酸と過酸化脂質が酸化反応を起こして発生する、におい物質「ノネナール」がその正体です。
一方の汗臭ですが、まず汗腺で汗の元が作られると、皮膚表面へ出るまでの間にミネラルなどの雑多な成分がろ過され、その残りが汗として排出されます。
これが「良い汗」であり、その99%は水分なのですぐに蒸発して臭いません。
しかし汗腺機能が低下してろ過がうまく機能しないと、雑多な成分を含んだままの汗が排出されるようになります。
これが「悪い汗」で、粘ついて蒸発しにくく、臭いの元になります。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


同時に起こることで体臭が悪化する可能性も

皮脂腺と汗腺は皮膚の近い場所に存在しますが、別々の器官です。
したがって、加齢臭と汗臭は異なる場所、原因で発生する、別々の臭いであると言えます。
二つの体臭の関係を見る上で注意したいのは、「同時に発生することでそれぞれの臭いを強めてしまう可能性」があることです。

加齢臭は40~50代頃から目立ってくることが多く、汗臭はより若い、20代頃から発生しています。
加齢臭が発生しているところに汗をかくことで、においが混じりあって、より不快感を強めてしまう場合があります。
そのため、気になる加齢臭だけに注意すればいいというわけではなく、汗臭や口臭といった他の体臭についても、キツくならないよう気を付ける必要があります。
加齢臭だけでも大変なのに汗臭も対策するのは大変、と感じるかもしれませんが、それぞれの対策には共通する部分があります。


加齢臭と汗臭、対策の共通点

11-7-2

まず気を付けたいのは、入浴の仕方です。
シャワーでサッと済ませるのではなく、1日1回は湯船にぬるめのお湯を張り、ゆっくり浸かってしっかり汗をかきます。
汗をたっぷりかくことで汗腺機能が高まって「良い汗」が出せるようになるだけでなく、毛穴の汚れが落ちて肌の上の余分な雑菌を洗い流せます。
これが汗臭対策になり、加齢臭の悪化を対策することにつながります。

運動で汗をかくのもおすすめです。
ジワリと汗をかく程度の有酸素運動なら、脂肪が燃焼されやすく、加齢臭対策のサポートになります。
運動でお腹が空いたら、加齢臭の一因である酸化を対策できるよう、抗酸化成分の豊富な食材をいただきましょう。
抗酸化成分は、加齢臭サプリでも摂取できます。

加齢臭が染み付いた衣類やリネン類の洗濯では、酸素系漂白剤での浸け置きがおすすめです。
このような手間をかけた洗濯は、汗の臭いを落とすのにも役立つことでしょう。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 12-1-s

    加齢臭を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

    加齢臭を防ぐには、予防と対策の2つのアプローチがあります。予防では、食事や運動、ストレス抑制や禁煙で、臭いの発生そのものを防ぎましょう。対策では、消臭グッズや洗濯で臭いを和らげましょう。


  • 7-2-s

    不快な加齢臭を対策するにはどうしたらいいですか?

    加齢臭は不快なほどに悪化させないこと、抑えていくことが大切です。入浴や洗濯、消臭など清潔をより意識し、加齢臭を悪化させる汗臭に注意しましょう。発生そのものを減らすには、健康を意識した生活習慣を送りましょう。


  • 2-5-s

    加齢臭が出てくる皮脂腺とは、どのようなものですか?

    加齢臭は皮脂腺から発生します。皮脂腺は頭部、顔、胸元、背中の中心部などいわゆる脂漏部位に集中しており、加齢臭が強まりやすい箇所です。間違った肌ケアに注意し、皮脂の状態を健康に保つことが体臭対策に繋がります。


  • 6-10-s

    自分で気付くのが難しい加齢臭、どうすればいい?

    周囲の人のストレスになるほど強い加齢臭でも、本人は気付くことができない可能性があります。生活習慣を振り返ったり、枕などを嗅いでみて可能性をチェックしてみましょう。臭いに気付いたらひとつひとつ対策をしましょう。


  • 1-2-s

    加齢臭を他人が感知する距離はどのくらいですか?

    加齢臭などの皮膚ガスを他人が感知する距離はどのくらいかと言うと、25㎝と言われています。生活の中でそれ以内の距離で接するシーンは多く、繊維に臭いが染み付いてしまうこともあります。安心して快く過ごせるように、臭い対策を始めましょう。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A