生活リズムが乱れると加齢臭にどう影響するの?

加齢臭に関するQ&A

生活リズムが乱れると加齢臭によくないのでしょうか?

1-8-1

加齢臭を何とかしたい時、「生活リズムを整える」ことが大切と言われます。
生活リズムが乱れているというのは、起床や就寝の時間、食事の時間や量も日によってバラバラというような状態を指します。
このような乱れで、加齢臭が悪化してしまう理由について考えてみましょう。

まずは、生活リズムの乱れによるストレスの影響です。
毎日の予定をその都度組み立てる手間やトラブルからのストレス、急な予定変更や、空腹・眠気へのイライラも起こりがちです。
こうして心身のストレスが溜まっていくと活性酸素が増加して、加齢臭発生の一因となります。
また、生活リズムの乱れにより、自律神経のバランスが取れなくなる可能性があります。
自律神経がうまく働かないと発汗の調節が出来ず、大量の汗をかいたり、逆に汗をかけなくなることがあります。
こうして悪い汗、つまり臭う汗が出ることで、加齢臭と混ざって悪化する可能性があります。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


リズムの乱れによる疲労も、体臭の元に

生活リズムの乱れによって疲れが溜まると、肝臓で毒素を取り除いて尿として排出する「オルニチン回路」が滞ります。
こうして本来は尿として排出されるはずのアンモニアが肌から放出されるのが、「疲労臭」です。
加齢臭と同時に発生すれば、やはり体臭を強めます。

20~30代の時には多少無理な生活をしても、寝ればすぐに回復していた体力も、40~50代となればなかなか回復してくれなくなります。
同時に、加齢によって体そのものの老化が進み、代謝をはじめとしてあちこちの機能が少しずつ低下することでも、加齢臭発生の要因は増えていきます。
「良くないと分かっていても、都合上生活リズムを整えるのが難しい」「どうしても不規則な生活になってしまう」という人は少なくないと思います。
そんな方でも、一度リズムを整えることができれば、それが習慣となって、健康的な生活へと近づくはずです。
続いて、生活リズムを整えるための2つのポイントを紹介しましょう。


「睡眠」「朝の過ごし方」を見直して加齢臭対策

1-8-2

生活リズムを整えるには、「睡眠」と「朝の過ごし方」が重要です。
寝ているつもりなのに疲れが残っている時は、睡眠の質が下がっている可能性があります。
睡眠の質を上げるには、寝具、照明、就寝前の過ごし方が大切です。
枕や布団は、触感や通気性、フィット感のいいものを選びます。
睡眠の1時間ほど前から、暖色系の照明や間接照明の柔らかい光で過ごし、スマホやパソコン、テレビの光を浴びないようにします。
睡眠の30分ほど前に軽いストレッチを行うのもおすすめです。

朝起きたら、すぐにカーテンを開けて朝日を浴びましょう。
日光により目が覚め、体内時計がリセットされます。
リセット後、大体14~16時間後に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるようになっており、日光浴は睡眠の質にも大きく影響するのです。
活動エネルギーを得ることに加え、代謝アップやホルモンバランスのためにも、朝ごはんをきちんと食べることも大切です。
起床~朝食の時間を決めることで、自然と昼食、夕食、睡眠の時間が決まっていき、加齢臭対策のためにも心がけたい「生活のリズム」を整えやすくなります。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 6-10-s

    自分で気付くのが難しい加齢臭、どうすればいい?

    周囲の人のストレスになるほど強い加齢臭でも、本人は気付くことができない可能性があります。生活習慣を振り返ったり、枕などを嗅いでみて可能性をチェックしてみましょう。臭いに気付いたらひとつひとつ対策をしましょう。


  • 10-8-s

    確認しづらい自分の加齢臭の確認方法はありますか?

    自分の加齢臭に最も気付きにくいのは、自分自身です。皮脂腺が多い部分を拭いたティッシュや、枕の匂いで確認してみましょう。普段の生活習慣をチェックし、加齢臭発生のリスクを推測することも出来ます。


  • 10-2-s

    枕の加齢臭が気になる時は、どうすればいい?

    皮脂腺が集まる後頭部は加齢臭が発生しやすいので、枕に臭いが染み付きやすいです。枕カバーをこまめに洗い、消臭・抗菌のカバーや洗える枕に代えるほか、後頭部を清潔にし、加齢臭の発生そのものにも対策をしましょう。


  • 2-6-s

    加齢臭とその他の体臭の見分け方はありますか?

    体臭ごとに臭いやすい年代や場所、臭いの性質が異なり、これが見分け方のポイントになります。加齢臭は40~50代を中心に、頭部や顔、胸、背中から、ロウソクや古本の臭いがします。生活の見直しと抗酸化力でケアしましょう。


  • 1-1-s

    加齢臭とともに注意したい体臭はありますか?

    加齢臭世代では、加齢や社会環境、生活スタイルの傾向などにより、疲労臭や汗臭も出やすくなるので注意したいものです。質の良い睡眠やストレス発散、運動などの習慣は、それぞれの体臭対策となるのでおすすめです。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A