枕に染み付きやすい加齢臭の対策方法は?

加齢臭に関するQ&A

枕の加齢臭が気になる時は、どうすればいい?

10-2-1

「加齢臭が気になる物は?」と聞かれて、枕を思い浮かべる人は多いと思います。
自分自身で、「枕が臭う」と気がつくパターンもありますし、家族から「枕が臭うよ」と指摘されたという体験もよく耳にします。
そんな時、中高年の方であれば、「いよいよ加齢臭がし始めたのか」とドキッとするのではないでしょうか。

自分ではなかなか気がつきにくい加齢臭の確認法として、「枕のにおいを嗅ぐ」という方法があるほど、枕は加齢臭がつきやすいアイテムです。
なぜこれほど枕が臭いやすいかといえば、加齢臭の発生場所にその理由があります。
加齢臭は、手のひらと足の裏を除いた全身に存在する「皮脂腺」から発生します。
その皮脂腺が特に集中しているのが、後頭部なのです。
その後頭部を、睡眠中、つまり1日の1/4~1/3の時間、毎日置き続けているのが枕であり、しかも皮脂は睡眠中も分泌されています。
におい成分は特に繊維に絡みつきやすく、必然的に、枕に臭いが染み付きやすい状態になっています。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


枕の加齢臭対策について

1日の終わりに心身をリラックスしたり、朝スッキリと目覚めたい場所である寝具が臭ってしまうのは、残念ですよね。
同じ部屋で眠ったり過ごしたりする家族にとっても、ストレスになってしまいます。
そこで、枕についた加齢臭を対策する方法を考えてみましょう。

まず、枕そのものの対策です。
繊維にニオイ成分がしみついてしまわないよう、少なくとも2~3日に1度は枕カバーを洗濯するようにします。
なかなか落ちない臭いには、お湯を使うようにしてください。
洗剤を垂らした50度ぐらいの熱めのお湯で、枕カバーをもみ洗いしたり、漂白剤で浸け置きしてから洗濯するのもおすすめです。
洗剤や漂白剤は、皮脂汚れ・油汚れに強いタイプを選ぶのがポイントです。

においエチケットが浸透してきて、枕カバーにも消臭・抗菌・防臭を謳う商品が見られます。
ただし、このようなカバーを使っても、カバーの布地を通り越して枕本体にまで臭いが浸透することがあります。
そのような場合、におい成分を吸着し、臭いの浸透をブロックする加齢臭対策用の枕パッドや、防水タイプのカバーなどを選んでみましょう。
また、洗える枕に換えて枕ごと洗えれば、いつもスッキリできますね。


後頭部の臭いを対策する方法

10-2-2

枕を使う就寝の前に、後頭部をしっかり洗っておくことも大切です。
「加齢臭に」「体臭が気になる方に」「男のにおいに」などと書かれた、皮脂汚れに特化しているシャンプーを用いて、首や耳の裏もしっかり洗います。
よく泡を立て、指の腹や手のひらを使い丁寧に洗い流しましょう。

さらに、加齢臭の発生そのものを減らすことも考えてみてください。
加齢臭は、加齢とともに発生要因が増えるものですが、誰でもが強く臭うわけではなく、主に生活習慣によって臭いの強弱が変わってきます。
加齢臭が出にくい体作りでは、脂質が溜まりにくく、体が酸化しにくい(錆びにくい)生活スタイルを習慣化するのがポイントです。
抗酸化成分を配合した加齢臭サプリも役に立ちます。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 5-s

    加齢臭対策に役立つシャンプーの選び方は?

    皮脂腺の多い頭部は加齢臭が強いので、1日1回きちんとシャンプーしましょう。臭い対策のシャンプーは肌への優しさ、続けられる価格も重視して選び、改めて洗い方の見直しも必要です。体の中からの対策も忘れずに行いましょう。


  • 5-6-s

    どこから加齢臭は発生しているの?対策方法は?

    加齢臭は全身から漂うのではなく、皮脂腺が多い首筋などで臭いやすいものです。どこから発生しているのかに合わせて、集中的にケアしてみましょう。体の中からの対策では、加齢臭サプリもおすすめです。


  • 10-8-s

    確認しづらい自分の加齢臭の確認方法はありますか?

    自分の加齢臭に最も気付きにくいのは、自分自身です。皮脂腺が多い部分を拭いたティッシュや、枕の匂いで確認してみましょう。普段の生活習慣をチェックし、加齢臭発生のリスクを推測することも出来ます。


  • 10-5-s

    加齢臭と皮脂にはどんな共通点がある?

    加齢臭と皮脂は同じ「皮脂腺」から発生し、脂肪酸と関係する点や、食生活や生活習慣での対策法が共通しています。一方で洗い流し方には違いがあるので、注意が必要です。 臭いやテカりを対策してスッキリしましょう。


  • 7-5-s

    加齢臭は、年齢によってどう変化する?

    加齢臭の発生は40~50代がピークとなります。一方30~50代頃にはミドル脂臭という体臭も存在し、それぞれが重なる年代で体臭が悪化しやすいです。年齢、原因に応じた体臭対策をしていくことが大切です。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A