睡眠不足が加齢臭悪化の一因となっている可能性も…

加齢臭に関するQ&A

睡眠不足だと加齢臭がきつくなるというのは本当でしょうか?

1-9-1

加齢臭の発生を対策するには、栄養バランスのいい食事や日々の運動習慣、規則正しい生活時間が大切と言われ、そのなかには「十分な睡眠」も含まれています。
つまり、睡眠不足となれば、加齢臭が強まるリスクがあるということです。

睡眠不足は主に、「皮脂の過剰分泌」「ストレス」の2つを促すことで、加齢臭に影響します。
睡眠中はホルモンが盛んに分泌され、全身の代謝が進む時間です。
そのため、睡眠が不足すれば代謝が滞り、本来排出されるはずの皮脂が溜まりがちになります。
加齢臭は皮脂腺から発生するにおい成分であるために、過剰な皮脂はにおいを強めてしまうのです。
ホルモンのバランスが悪くなることで皮脂分泌の指令がうまく働かず、この点からも皮脂が増加する可能性があります。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


睡眠不足による活性酸素の影響

睡眠は心身の休息のための時間です。
睡眠不足は休息不足につながり、疲れが取れないことでストレスが発生します。
ストレスによって血行が悪化することでも、代謝は滞りがちになります。
さらにストレスで注意したいのが、「活性酸素」の増加です。
ストレスを和らげるため副腎皮質ホルモンが分泌される過程で、活性酸素が発生します。
加齢臭は酸化反応によって発生する物質であり、活性酸素が増加すると酸化反応も増える、つまり加齢臭の発生量が増加してしまうのです。

このように睡眠不足は、色んな意味で加齢臭にとって良くない、ということが分かります。
ちょうどよい睡眠時間は人によりますが、最低でも6~7時間は確保したいですね。
「十分眠っているつもりなのに、疲れが残るし加齢臭も良くならない」という時は、睡眠時間は十分でも「睡眠の質」が低く、休息が出来ていないのかもしれません。
睡眠の質を高めるためには、いくつかの改善、チェックポイントがあります。
まず睡眠前の行動を思い返してみましょう。


寝る前の行動で睡眠の質が決まる?

1-9-2

眠る直前に食べ物を口にしたり、お酒を飲んだりしていませんか?
睡眠時間は、肝臓が休む時間でもあります。
睡眠前に飲酒や飲食をすると肝臓がちゃんと休めず、眠りが浅くなるだけでなく、疲労臭が発生して加齢臭と混ざってしまうケースがあるのです。
寝る前に小腹が空いたり口寂しい時には、ホットミルクなど温かい飲み物を飲むのがおすすめです。

照明はどうでしょうか。
蛍光灯などの強い灯りや、テレビ、パソコン、スマホといった電子機器の光は、体を目覚めさせてしまい、スムーズな入眠の妨げになり、睡眠不足に繋がります。
眠る1時間ほど前から、間接照明など柔らかい光のもとで過ごすようにしましょう。
空いた時間には、軽いストレッチをするとより眠りにつきやすくなります。
寝る時は、出来るだけ部屋を暗くするようにしてください。
加齢臭が気になる40~50代頃からは、睡眠のためのホルモン量が減少することもあり、ただでさえ眠りが浅くなりがちです。
工夫をして質の良い睡眠をとり、加齢臭の心配がないスッキリした1日を送ってください。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 8-5-s

    加齢臭対策、季節ごとに違いはありますか?

    季節ごとに加齢臭を増してしまう要因や傾向の変化はあります。これに合わせ、ポイントをおさえて加齢臭対策の重点を変えていくと良いです。体の中からの対策として、年間を通し生活スタイルに気を付けてみましょう。


  • 2-2-s

    加齢臭は例えるならどんな臭いなのでしょうか?

    加齢臭はどんな臭いかというと、酸化した油や古臭い、黴臭い、青臭いにおいなどと例えられ、耳の後ろや枕カバーの臭いで有無を確認できます。加齢臭以外の体臭もあり、臭いの原因に合った対策が大事です。


  • 10-8-s

    確認しづらい自分の加齢臭の確認方法はありますか?

    自分の加齢臭に最も気付きにくいのは、自分自身です。皮脂腺が多い部分を拭いたティッシュや、枕の匂いで確認してみましょう。普段の生活習慣をチェックし、加齢臭発生のリスクを推測することも出来ます。


  • 2-10-s

    加齢臭発生の原因とはどんなものなのですか?

    加齢臭がどんなものか分かれば的確に対策ができます。加齢臭は皮脂腺から発生するにおい物質で、40~50代頃に男女関係なく発生する青臭い体臭です。脂質や脂肪酸の蓄積や酸化反応を減らすのが対策のポイントです。


  • 9-6-s

    対策と同時に欠かせない、加齢臭の「予防」とは?

    グッズを使い体の外から加齢臭を和らげる「対策」に対し、食事など生活習慣の改善から加齢臭を和らげようとする「予防」があります。臭いの発生そのものを減らすための「予防」には、継続的に取り組んでおきたいですね。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A