腸内環境が悪化すると加齢臭も悪化するの?

加齢臭に関するQ&A

腸内環境は、加齢臭にどう影響するのでしょうか?

9-9-1

近年、「腸内環境」「腸内フローラ」という言葉を耳にする機会が増えました。
健康や美容が気になる方であれば、その内容もよく知っているのではないかと思います。
ただし、腸内環境や腸内フローラが、便通その他の健康状態だけでなく、実は加齢臭にも関係していることは、あまり知られていないかもしれません。

まずは腸内の様子について、確認しておきましょう。
人の腹部には全長7~9mにもなる「腸」が治まっており、腸の中には数百兆個もの細菌が存在しています。
この無数にひしめきあっている細菌の様子がまるで花畑のようであることから、腸内フローラという言葉が生まれました。

腸内細菌には様々な種類があり、大きく3つに分けられます。
体に良い、ビフィズス菌や乳酸菌といった「善玉菌」、有害な「悪玉菌」、両方の面を持った「日和見菌」です。
心身の健康にとって望ましいのは、善玉菌だけが多い状態ではなく、この3つの菌のバランスが取れた状態です。
腸内環境を整えることは、悪玉菌に偏りがちなバランスを整えることを指します。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


腸内環境は加齢臭にどう影響する?

9-9-2

腸内環境が悪化すると、便通が滞って老廃物が腸に溜まっていきます。
これが便臭を発し、体外へと放出されることがあるのです。
加齢臭に便臭が混じることで、体臭の不快度はより強くなってしまいます。

また腸内環境の善し悪しは、ストレスにも関係します。
例えば、緊張するとお腹を壊すことがありますが、これは脳と腸とが相関関係にあるためです。
ストレスを感じている被験者に腸内環境を整える菌を摂取してもらうと、ストレスによる腹痛の改善だけでなく、ストレスホルモン分泌の抑制が認められた、という実験結果があります。
腸内環境が整うことで脳へとつながる神経細胞が活性化し、ストレスホルモンが抑制されて自律神経の活動が正常化した、と考えられます。

ストレスが過剰になれば活性酸素が増加し、加齢臭が強まると言われ、ストレスは、加齢臭の大敵と言えます。
腸内環境が整うことでストレスが抑えられれば、加齢臭の対策に役立つと考えることが出来ます。


加齢により悪化しがちな腸内環境を整えましょう

腸内環境を整えるには、乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を摂ったり、善玉菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維を摂るのが良いとされます。
そのほか、漬物や納豆などの発酵食品も勧められます。
また、腸の機能を高めるべく、運動の習慣を持つことも大切です。

特に中高年以降、体の老化を少しずつ感じ始める方が多いと思いますが、加齢臭が気になり始めるのもこの時期です。
老化はもちろん腸でも進んでおり、機能維持のためには老化を加速させないことがポイントになります。
例えば加齢臭対策に向けて作られたサプリメントでは、抗酸化力、つまり抗老化に良いとされる成分を、まとめて一つのカプセルに配合しています。
加齢臭ケアで老化にアプローチし、腸内環境を整えることで、より元気に気持ちのいい毎日を過ごしたいですね。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A