加齢臭対策となる食事の見直しとは?

加齢臭に関するQ&A

食事の見直しで加齢臭を対策することはできるの?

4-3-1

40代を過ぎる頃から、加齢臭を意識し始める方が増えていきます。
しかし、年齢を経てもあまり臭わない人、逆に強く臭う人がいますよね。
この違いは「加齢臭が出やすいような体になってしまっているかどうか」の差であり、そんな体を作るのは、主に食事の影響です。
つまり加齢臭対策では、日々の食事内容の見直しが欠かせません。

ではどんな食事を心がければいいのか・・・それを考えるには、加齢臭発生の仕組みが参考になります。
加齢臭の原因は、皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が酸化反応を起こして発生する物質、ノネナールの臭いです。
ですから、加齢臭発生を対策する食事のキーワードは、「脂質の抑制」と「抗酸化力」となります。
脂質が多い食材、料理といえば、動物性脂肪が豊富な肉類やバター、油を多く吸収する揚げ物などです。
これらの摂取を、今より控えるようにしてみましょう。
栄養として最低限の摂取は必要ですが、過剰な脂質は加齢臭の発生を増やしてしまいます。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


抗酸化力のある食材に注目

酸化とはすなわち、錆びることを意味します。
体内の酸化反応では、細胞が錆び劣化して、老化につながります。
20代など若い頃は、もともと備わっている抗酸化力で酸化をブロックできますが、加齢とともに抗酸化力が低下して酸化が起こりやすく、つまり加齢臭が発生しやすくなっていきます。

食事に抗酸化力の豊富な食材を取り入れることが、加齢臭の対策になります。
抗酸化力を高める栄養は、ポリフェノールやカロテノイド、ビタミンA・C・E、イソフラボン、リコピン、カテキンなどが挙げられます。
食材では、アボカドやトマト、バナナ、ニンジンなどの緑黄色野菜、大豆製品、ナッツやベリー類、リンゴ、みかん、ゴマなどに、抗酸化力が豊富に備わっています。

逆に酸化を促してしまう食材として、肉の脂身や、時間が経過した揚げ物、ファストフード、インスタント食品などが挙げられます。
忙しい時に頼りがちな総菜や弁当には、製造過程で添加物が多く含まれ、これらも酸化を促す要因になります。


和食中心を意識し、サプリの利用もおすすめ

4-3-2

加齢臭の認識やエチケットがこれだけ注目されるようになったのには、社会的に「臭いエチケット」への意識が高まっているせいだけでなく、日本人の食生活の変化も影響しています。

和食中心だった過去の日本では、自然と加齢臭を起こしにくい栄養バランスになっていました。
これが、近代の食の欧米化、簡便化によって、先に挙げたような「酸化を促す栄養」が多くなり、その結果日本人の身体も、加齢臭が強まる傾向にあります。
これは言い換えれば、和食中心の食事にすることで、加齢臭対策になるということを示します。
毎日の食事を考えるとき、できるだけ和食を取り入れるようにしてみましょう。

また、抗酸化力はサプリ成分として補うことも可能です。
加齢臭対策のサプリを見てみると、抗酸化力のあるアステキサンチンやリコピン、βカロチンなどが効率よく配合されていて、効率よく栄養を摂取できます。
忙しい毎日の中の加齢臭対策では、強い味方になります。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 5-6-s

    どこから加齢臭は発生しているの?対策方法は?

    加齢臭は全身から漂うのではなく、皮脂腺が多い首筋などで臭いやすいものです。どこから発生しているのかに合わせて、集中的にケアしてみましょう。体の中からの対策では、加齢臭サプリもおすすめです。


  • 4-2-s

    お風呂に入っているのに加齢臭が消えないのはなぜ?

    加齢臭が気になりはじめたら、まずはお風呂の入り方を見直しましょう。お風呂に入った際には、湯船にしっかり浸かり、皮脂腺の多い部分を丁寧に洗い、対策グッズも賢く利用するのがポイントです。


  • 3-1-s

    加齢臭が発生する原因とは、どういったものですか?

    加齢臭の原因はノネナールというにおい物質であり、ノネナールの発生を対策するには、脂肪酸や脂質を過剰にしないこと、抗酸化力を高めることが大切です。毎日の食事や運動、生活の仕方で対策することができます。


  • 2-2-s

    加齢臭は例えるならどんな臭いなのでしょうか?

    加齢臭はどんな臭いかというと、酸化した油や古臭い、黴臭い、青臭いにおいなどと例えられ、耳の後ろや枕カバーの臭いで有無を確認できます。加齢臭以外の体臭もあり、臭いの原因に合った対策が大事です。


  • 2-3-s

    ボディソープでの加齢臭対策、効果はあるの?

    加齢臭対策を謳うボディソープは多いですが、成分は洗い流されてしまうため根本的な解決にはなりません。石鹸の種類よりも使い方に気を配り、体の中からの総合的な臭い対策を心がけましょう。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A