加齢臭対策に役立つ洗剤の選び方、洗濯の仕方

加齢臭に関するQ&A

加齢臭がついた服を洗うのにいい洗剤はありますか?

2-5-1

焼肉屋さんに行くと、着ていた洋服に美味しそうなにおいが染みつきますよね。
このように繊維はにおいを吸着しやすく、インナーやワイシャツなど普段来ている洋服や肌に触れるリネン類に加齢臭が染みついてしまうことがあります。
加齢臭対策では、このような衣類、リネンの洗濯が欠かせません。
そこで、加齢臭対策にポイントを絞った洗剤の選び方、洗濯の仕方について紹介します。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


弱アルカリ性、酵素入りの液体洗剤がおすすめ

加齢臭の元・ノネナールは皮脂腺から生まれる物質です。
そのため、加齢臭を対策するには、特に「皮脂汚れ」を重点的に落としてくれる洗剤が合っています。
具体的には「弱アルカリ性で酵素入りの液体洗剤」を選びましょう。

市販の洗剤のほとんどは中性もしくは弱アルカリ性ですが、加齢臭の元は酸化しているので、これを中和するために弱アルカリ性を選びます。
さらに、主成分である界面活性剤だけでなく酵素がプラスされた洗剤なら、汚れをより徹底的に落としやすくなります。
皮脂、油脂を分解できるリパーゼという酵素が特にいいのですが、酵素の種類まで確認できないときには商品説明に「皮脂汚れに」「油分を分解」といった言葉があるものを選びます。

液体洗剤は粉末洗剤よりも水に溶けやすく、繊維に絡みついた皮脂汚れを落とすのに向いているうえ、皮脂汚れの多い襟首部分などに直接塗ったりもできます。
どうしても粉末洗剤を使いたい場合には、予めお湯に溶かしてから使う、というひと手間をかけるといいでしょう。


つけ置きしてからぬるま湯で洗濯

2-5-2

せっかく加齢臭にいい洗剤を使っても、ただ普通に洗濯しただけでは、しつこい臭いをスッキリ落とすことができません。
加齢臭対策となる洗濯方法のポイントは、事前のつけ置きと水温です。
衣類が入る大きさのバケツやたらいなどにぬるま湯を用意したら、色柄物にも使える酸素系漂白剤と洗濯で使う洗剤を入れて溶かし、30分~1時間程度つけ置きしてから普段通り洗濯します。
生地を傷めないため、2時間以上浸けないように気をつけてください。
特に加齢臭が染みつきやすい襟首などには、直接漂白剤を塗って揉み洗いしたうえで、つけ置きしてみてください。

冷たい水では皮脂汚れは落としにくく、ベストな水温は35~40度です。
準備するのがなかなか大変かもしれませんが、出来るだけぬるま湯で洗うようにしてみてください。
おふろの残り湯を使う場合には、湯の汚れが衣類についてしまう可能性があるので、最後は水道水ですすぐようにしてください。

洗濯機自体の汚れが衣類に付着したり、部屋干しで生乾きになると雑菌が繁殖しやすくなって、衣類が臭います。
洗濯槽は定期的に洗浄し、生乾きにならないようにしっかり乾かすようにしてください。
自分ではなく家族に洗濯をしてもらう場合には、事情をきちんと話し、自分も手伝いながら協力してもらうようにしましょう。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A