加齢臭におけるにおいエチケットとは?

加齢臭に関するQ&A

加齢臭のにおいエチケットとは、どんなことですか?

9-1-1

近年、「においエチケット」「香りエチケット」という言葉が浸透してきています。
「スメルハラスメント(スメハラ)」という表現もありますね。

においに対する感じ方は人それぞれであり、例えば柔軟剤の香りを「いいにおい」と感じる方もいれば、「嫌な香り」と感じる方もいます。
体質によっては、強い香りで頭痛や吐き気を催したり、咳が止まらなくなるという方もいて、においが健康被害にまでつながってしまうことがあります。
加齢臭が周囲の方の体調まで壊してしまうケースは稀かと思いますが、加齢臭による不快感が続いてストレスになり、気持ちよく過ごせない、といった声は、珍しいものではないのです。

スメハラとは、意識の有無にかかわらず、においによって相手を不快にさせてしまう行為です。
そしてにおいエチケットは、スメハラを起こすことのないように、加齢臭などの自分の体臭や、ふりまくにおいに対し敏感になり、対策していくことを指します。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


においエチケットで難しいのは?

9-1-2

加齢臭のような体臭に対してのにおいエチケットで問題になるのは、「自覚が難しく、さらに指摘も難しい」という点です。
最近では、他人への配慮が求められる社会的な傾向から、一般企業において、従業員を対象とした「デオドラントケアセミナー」を開催するケースがあるそうです。
受講することで体臭の知識が身につき、意識が高まって「自分も気を付けたい」という感想が多いといいますが、従業員全員がセミナーに参加するわけではありません。
体臭の自覚が必要と思われる従業員に対し、個別にセミナー参加を促すのも難しく、これが課題になっているといいます。

こうなってしまう要因は、自分の体臭は常に嗅いでいるものなので、慣れてしまって、悪化に気がつくことが難しいうえ、デリケートな話題なので、気軽に他の社員が指摘するのも困難、という点にあります。
指摘したとしても、「まさか」「言われるほど酷くないはず」と、真剣に取り合ってもらえないこともあります。
つまり、自分自身が「もしかして」という意識を持って、においエチケットに自主的に取り組むことが重要と言えるでしょう。


においエチケット、どう取り組めばいいの?

加齢臭のにおいエチケットへの取り組み方法は、色々あります。
普段から体臭対策のスプレーを使い、毎日入浴して臭いを洗い流しましょう。
汗腺機能を高めて臭いの無い汗をかけるように、湯船に浸かって汗を流すこと、肌の摩擦は皮脂分泌を促し加齢臭が強まることがあるので、優しく丁寧に洗うことも大事です。
石鹸やシャンプー、タオルなども、体臭対策用の商品が販売されています。

身につける衣類やリネン類の消臭も欠かせません。
加齢臭は繊維に絡みつき、なかなか落ちにくいものです。
洗濯では漂白剤での浸け置き、脂汚れに強い液体洗剤がおすすめです。

生活習慣を見直すことも、加齢臭対策になります。
生活リズムを整え、適度な運動を心がけることに加え、特に気を付けたいのが食事での栄養です。
加齢臭増加の原因になる脂質の摂取を控え、抗酸化力のある食材を選ぶのがポイントです。
抗酸化力に注目した「加齢臭サプリ」で栄養を補うことも出来ます。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 8-8-s

    加齢臭に対する悩みは本人だけのものではない?

    加齢臭は本人の自覚が難しく、そのままだと家族や周囲の人の悩みになりやすいです。もしかしてと思ったら体臭を確認し対策が必要です。対策には本人の悩み意識が必須なので、上手に意識を向けさせましょう。


  • 12-1-s

    加齢臭を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

    加齢臭を防ぐには、予防と対策の2つのアプローチがあります。予防では、食事や運動、ストレス抑制や禁煙で、臭いの発生そのものを防ぎましょう。対策では、消臭グッズや洗濯で臭いを和らげましょう。


  • 5-3-s

    加齢臭にミョウバンがいいと言われるのはなぜ?

    体臭対策に役立つとされるミョウバンは金属による複合塩であり、スーパーなどで買えます。3つの理由から加齢臭対策に役立ち、水溶液にして塗ったり、スプレーしたり、浴槽に入れるなどの使い方があります。


  • 2-5-s

    加齢臭が出てくる皮脂腺とは、どのようなものですか?

    加齢臭は皮脂腺から発生します。皮脂腺は頭部、顔、胸元、背中の中心部などいわゆる脂漏部位に集中しており、加齢臭が強まりやすい箇所です。間違った肌ケアに注意し、皮脂の状態を健康に保つことが体臭対策に繋がります。


  • 2-2-s

    加齢臭は例えるならどんな臭いなのでしょうか?

    加齢臭はどんな臭いかというと、酸化した油や古臭い、黴臭い、青臭いにおいなどと例えられ、耳の後ろや枕カバーの臭いで有無を確認できます。加齢臭以外の体臭もあり、臭いの原因に合った対策が大事です。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A