加齢臭が気になるときの洗濯、コツを教えて!

加齢臭に関するQ&A

加齢臭対策となる洗濯方法とはどんなものですか?

5-1-1

生活の中でも特に「家族の加齢臭がキツい」と感じられるのが、洗濯の時間ではないでしょうか。
「加齢臭が移りそうでイヤだから夫の洗濯物は分けて洗う」という方もいるようです。
洗濯してもなんだかスッキリしない気がするときには、加齢臭対策のための洗濯方法を試してみましょう。

まず加齢臭の原因とは、皮脂腺の中で脂肪酸と過酸化脂質が化学反応を起こして発生する物質・ノネナールの臭いです。
したがって洗濯では、皮脂汚れを集中して落とす必要があります。
「皮脂の汚れを落とす」「臭い対策に」と謳われている洗剤を使ってみましょう。
最近では「介護用洗剤」が販売されています。
高齢者の体臭や尿漏れの臭いを消すために開発された洗剤ですが、加齢臭対策に使ってみるのもおすすめです。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


加齢臭には浸け置き洗いがおすすめ

5-1-2

定期的に行いたいのが「浸け置き洗い」です。
手間がかかるように感じますが、染み付きがちな加齢臭を落とすには、ぜひやっておきたい洗濯法です。

まず、バケツやたらいに酵素系の漂白剤と洗濯用洗剤を入れ、50度ぐらいのお湯を注ぎます。
そこに加齢臭が気になる衣類を入れ、30分~2時間浸けた後に、普段通り洗濯します。
漂白剤の種類ですが、色柄物には酵素系を使い、脱色の心配がない白のシーツやシャツなどは塩素系の漂白剤でも大丈夫です。
汚れや臭いがスッキリ落ちて、殺菌も期待できます。

消臭全般に重宝される「重曹」を使って浸け置きするのもおすすめです。
食用ではなく工業用のものを使用すると、さらに確実な消臭パワーを期待できます。
たらいの水に大さじ1~2杯の重層を溶かし、やはり30~2時間浸け置きした後、洗濯します。
重曹を使えない洗濯機もあるので、洗濯機に入れる前に軽くすすぐようにしてください。

普段のお手入れとして出来ればやっておきたいのが、水ではなくお湯で洗濯することです。
皮脂の脂分は、高温のお湯の方が良く落とせます。
出来れば50度以上のお湯を用意できるといいですが、生地によっては傷みやすくなるので注意してください。


洗濯の工夫と並行して、体の中からも加齢臭対策を

洗剤や洗濯方法を工夫して、既に衣類に染み付いてしまった加齢臭を落とすことも大事ですが、肝心なのは、体からの加齢臭の発生そのものを対策することです。
そうでないと、いくら洗濯を頑張っても、いたちごっこになってしまいます。

加齢臭の発生の仕組みから対策を考えれば、酸化反応を抑えること、脂質を過剰にしないこと、そして加齢の影響を和らげるアンチエイジングが必要ということが分かります。
生活習慣、食生活で、体の中の活性酸素や酸化反応、脂質を増やさないように、心がけてみましょう。

洗濯や食事の支度といった家事は、家族にやってもらっているという方も多いことでしょうから、その場合、家族の協力が欠かせません。
生活習慣の見直しは、一人ではつい習慣に出来なかったりしますが、家族の協力や応援で頑張れるということも多いものです。
「もしかして臭い?」と感じたときには、思い切って家族やパートナーに相談してみて、前向きに対策に取り組んではどうでしょうか。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

  • 8-1-s

    加齢臭と老人臭はどういった違いがありますか?

    加齢臭と老人臭とでは、においの正体やその原因が異なり、老人臭は色々な体臭の複合臭です。2つの体臭には、「生活習慣の見直し」が対策になる共通点があり、なかでも抗酸化力を意識するのがポイントです。


  • 7-10-s

    衣類に染み付く加齢臭はどう対策すればよいでしょうか?

    におい物質は衣類に染み付きやすく、加齢臭対策することが重要です。酸素系漂白剤とアルカリ性の液体洗剤で漬け置き、洗濯して、すぐにしっかり乾かしましょう。体臭対策の衣類も販売されているのでチェックしてみてください。


  • 3-1-s

    加齢臭が発生する原因とは、どういったものですか?

    加齢臭の原因はノネナールというにおい物質であり、ノネナールの発生を対策するには、脂肪酸や脂質を過剰にしないこと、抗酸化力を高めることが大切です。毎日の食事や運動、生活の仕方で対策することができます。


  • 6-9-s

    自分より他人の加齢臭が気になるのはどうして?

    自分の体臭には鼻が慣れているのでなかなか気づけず、近くにいる他人の加齢臭は気になる事が多いものです。自分は大丈夫と思わず、もしかしてと思ったら体臭を確認し、前向きに対策に取り組みましょう。


  • 4-2-s

    お風呂に入っているのに加齢臭が消えないのはなぜ?

    加齢臭が気になりはじめたら、まずはお風呂の入り方を見直しましょう。お風呂に入った際には、湯船にしっかり浸かり、皮脂腺の多い部分を丁寧に洗い、対策グッズも賢く利用するのがポイントです。


→ 加齢臭に関するQ&A トップに戻る

現在地:トップページ加齢臭に関するQ&A