加齢臭対策に役立つ抗酸化物質の摂り方

体臭相談室

加齢臭対策の抗酸化物質の摂り方のポイント

加齢臭は、皮脂腺から出る9-ヘキサデセン酸過酸化脂質が酸化分解され、ノネナールに変化すると発生します。
このうち、活性化脂質は、活性酸素が脂質(脂肪)を酸化して発生します。

活性酸素は、様々な物質に対して特異的な化学反応をもたらすだけでなく、細胞に損傷を与えるので、ガンなどの病気や老化の原因になるため、加齢臭だけでなく体にも有害ともいえる物質なのです。
そこで、活性酸素に対抗するために抗酸化物質をとることは、加齢臭だけでなく、健康面でも良いのです。

代表的な抗酸化物質を上げますと、アキスタンチン・ポリフェノール・イソフラボン・ベータカロテン・αリポ酸・カテキン・コエンザイムQ10・活性水素・白金ナノコロイド ・リコピン・レシチン等があります。

これらの物質はサプリメントとして販売されているものが多く、値段も幅広くあります。
単品のサプリメントも良いのですが、複数組み合わせたり、面倒ならば一粒に色々な成分が含まれているほうが加齢臭対策に役立ちます。
なぜならば、活性酸素は「活性酸素」と言う1種類でなく、スーパーオキシド・ヒドロキシルラジカル・過酸化水素・一重項酸素の4種類あるので、抗酸化物質によっては、得意な活性酸素と不得意な活性酸素があるからです。
当社が販売している無臭物語に4種類の抗酸化物質(アスタキサンチン・ベータカロテン、リコピン、レシチン)を配合しているのもそのためです。

また、これは加齢臭対策の食生活にも言えることです。
1つの食材から抗酸化物質を摂取するのではなく、様々な食材を合わせてバランスよく摂取することで、活性酸素を様々な角度からブロックすることができます。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


抗酸化物質は水溶性と脂溶性の2タイプがある

1-3-1

加齢臭対策のカギとなる抗酸化物質は、体内で存在する場所によって大きく2つに分類されます。
「水溶性抗酸化物質」は細胞膜の内側または外側の血液や水性の液体の中に、「脂溶性抗酸化物質」は脂質が主成分となる細胞膜に存在しています。

水溶性の抗酸化物質として、柑橘類に多く含まれるビタミンC、ビタミンB群、松の樹皮から取れるピクノジェノール、アミノ酸化合物のペプチド、水素水が挙げられます。
これらの水溶性抗酸化物質は体内に貯めることができないという特徴があり、定期的に摂取するのがポイントです。

抗酸化物質は食事やサプリで補給

1-3-2

脂溶性の抗酸化物質は、細胞膜で活性酸素から細胞をガードしています。
ビタミンCと一緒に摂ることでより活躍するビタミンE、赤い魚介類に多く含まれ紫外線ダメージに強いアスタキサンチン、ビタミンEと合わせて摂りたいコエンザイムQ10、黄色や赤の野菜に含まれるリコピン、そしてポリフェノールの抗酸化の働きはよく知られています。

そのほか、加工食品からも摂取しやすい大豆イソフラボン、美容に敏感な人たちに人気のアサイーやザクロエキスなどがあり、肝臓まで届くゴマリグナンや、抗菌を期待できる点から加齢臭対策に活躍するカテキンも、脂溶性抗酸化物質の仲間です。

こうして見てみると、抗酸化物質を毎日の食事から摂り入れるのも難しくなさそうです。
しかし仕事で忙しい時期など、食事の時間もままならず「栄養がとれていないな」と気づくことがあります。
そんなときは加齢臭のことも心配になりますよね。

食事で不足しがちな栄養はサプリメントで補うと安心です。
加齢臭対策のサプリメントでも、先に挙げたような抗酸化物質を含む商品を探してみてください。

こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

現在地:トップページ加齢臭に関する記事 酸化を抑えて消臭加齢臭対策の抗酸化物質の摂り方のポイント