ビタミンCで酸化を抑え、加齢臭対策を!

体臭相談室

加齢臭対策にはビタミンCで酸化をブロック!

ビタミンCには加齢臭対策に活躍する力があります。
その理由は、「酸化に対抗する作用があるから」です。

加齢臭を目立たなくするには、酸化をブロックすることが大切です。
つまり、長期的に酸化しにくい体を作ることで、加齢臭の強さは大きく違ってきます。

ビタミンCといえば、酸化をブロックする物質の代表格ですが、緑黄色野菜や果物などに多く含まれています。

代表的な食材としては、緑黄色野菜ですとパセリやブロッコリー、トマト、ピーマン、小松菜やほうれん草やチンゲン菜、春菊、しそなどです。
トマトやブロッコリーを使ってサラダとして食べたり、料理の上に刻んだパセリを散らしたり、小松菜やほうれん草などは炒めたりと、調理方法もたくさんありますので、ちょっとした工夫で抗酸化作用を望めます。
ただし、ビタミンCは「水に流れやすく、熱に弱い」という特徴がありますので、できるだけ生で摂取することが重要です。

果物としては、ミカンやはっさく、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類に多く含まれています。

ビタミンCと言うと、酸味があるものをイメージしてしまいますが、意外なことに柿やメロン、イチゴなどの甘い果物にも多く含まれています。
ですから、柑橘系の酸っぱさが苦手な方は、これらの食材で摂取することもできます。
他にもイモ類や豆類、緑茶などにもビタミンCは多く含まれています。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


加齢臭には抗酸化力低下の影響も

皮をむいたリンゴが変色していくように、体がどんどん酸化していく・・・そうイメージすると、老化の厳しい現実が感じられます。
ただしエイジングには個人差が大きく、いつまでも若々しく元気な方もいれば、年齢よりも老けて見える方もいますよね。

これは抗酸化力の差も一因であり、すなわち食事や運動、睡眠、喫煙、飲酒、紫外線といった生活習慣の影響もありますが、もともと体に備わっている抗酸化力の差も関係します。
活性酸素は生きていれば一定量が生まれてしまうものですが、私たちの体には活性酸素から酸素を奪うことで攻撃力をなくす「抗酸化酵素」が存在します。

酸化が進んでも抗酸化酵素が十分であれば健康を維持できますが、抗酸化酵素の生成量は加齢とともに減っていきます。
中年以降に加齢臭が発生、増していく時期は、抗酸化酵素量が減少する時期と重なっており、この減少を食べ物やサプリなどの抗酸化成分で補う必要があるのです。

加齢臭に効果的なビタミンCの摂りかたは?

口から摂取したビタミンCは必要量だけが貯蔵され、それ以外は尿としてすぐに排出されてしまいます。
そのため1度の摂取量を多くしても排出量が増えるだけで、体内の貯蔵量は変わりません。
大切なのは、体内のビタミンC量を不足させないことです。

ビタミンCはビタミンP、カルシウム、マグネシウムと一緒に摂ると効果が増します。
柑橘類の薄皮にはPが含まれるため薄皮ごと食べるようにしたり、そば粉、ブラックペッパー、さくらんぼにもビタミンPが含まれます。

乳製品や小松菜、高野豆腐などのカルシウム、ゴマやアーモンド、玄米、油揚げ、納豆などのマグネシウムとビタミンCを組み合わせてみましょう。
熱に弱いビタミンCの調理では煮るよりも炒めるのがおすすめですが、特にジャガイモやサツマイモのビタミンCは加熱による損失が少なく、おすすめです。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる

こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

現在地:トップページ加齢臭に関する記事 酸化を抑えて消臭加齢臭対策にはビタミンCで酸化をブロック!