加齢臭対策に役立つ成分、柿渋とは

体臭相談室

ミョウバンと合わせて活用したい、柿渋とは?

2-2-1

加齢臭対策の外面ケアの代表格は「ミョウバン」ですが、それと合わせて柿渋を併用すると、より実感が得られるようです。

加齢臭対策の外面ケアとして、柿渋は一般的に石鹸として有名ですが、他にも柿渋から作られたスプレーもあります。
柿渋は、昔から生活の一部に取り入れられていました。
具体的には、米びつ・魚網・漁船・和傘・うちわ・漆器の下塗りなどの抗菌・抗カビ・防虫・防腐・耐水などのために使われており、私たち日本人の暮らしの必需品でした。

柿渋に含まれるタンニンは臭いの成分や細菌と結合して臭いをブロックする作用があります。
柿渋のタンニンはタンパク質と反応しやすいので、タンパク質でできた、特に加齢臭の元となる皮脂と反応して、臭いの成分や細菌と結合するのです。
この柿渋スプレーを携帯しておけば、外出先でも気になるときに衣服、車の中、トイレなどにもサッとスプレーすれば加齢臭対策になります。
もちろん、基本的に体を清潔にするという事も大切ですが、体を洗って時間が経つとどうしても臭ってくることがありますから、そんな時には非常に便利です。

加齢臭対策の基本は、酸化を抑える食生活を実践することですが、それと合わせて、場面に応じた外面からのケアを併用することは非常に有効です。
加齢臭対策にはミョウバンと柿渋が代表的ですので、両方を試してみて、ご自身にあったものをご使用されると良いと思います。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる


渋柿はこうして作られる

2-2-2

加齢臭におすすめの柿渋の文字をひっくり返すと「渋柿」。
その名の通り、柿渋は渋柿から作られた液体です。
渋みが強く青いままの果実を砕いて絞った果汁を、長時間寝かせ発酵させることで、茶色のドロドロとした液体が出来上がります。

「柿があれば自宅で作れる?」と考えるかもしれませんが、柿渋の手作りは簡単ではありません。
そもそも柿はレモンのようにジューシーではなく、まず柿の果汁を必要なだけ集めるのが大変な作業です。

ジューサーなどで砕いてろ過し液体を作っても、そこから1年程度熟成させる必要があります。
この時きちんと管理できていないと簡単に劣化してしまいますし、容器は柿渋と反応しないポリ容器やガラス瓶でなければなりません。
発酵の過程で茶褐色になり独特の臭気が出るため、汚れてもいい衣類で作業をする必要があります。

柿渋はどこで購入してどう使う?

流通している柿渋は、新鮮な渋柿がたくさん用意できる産地の近隣で加工されていて、近年ではその独特な匂いを取り除いた無臭の渋柿を作れる技術が開発されています。
ホームセンターなどで、匂いのある商品と無臭の商品とが置かれていますが、加齢臭対策に使う時には無臭の柿渋を選ぶようにしましょう。

石鹸以外の利用法である柿渋スプレーは、感染性ウィルス対策の消毒スプレーとしても、近年注目されています。
その際には、市販の柿渋液を消毒用アルコールで10倍に薄めてスプレーボトルに入れ、気になるところに吹きかけます。
加齢臭対策でも応用してみてください。

緑茶タンニンによる加齢臭対策も有名ですが、実は渋柿のタンニンにはその数倍ものパワーがあると言われます。
加齢臭対策では生活習慣の改善を基本にしつつ、サプリや柿渋のグッズなども併用して、不快な匂いを少しずつ和らげていきたいですね。


妻から臭いと言われた方へ。サプリ1日2粒飲むだけ、最短7日間でスッキリ!無臭物語ジェントルエッセンスの詳細はこちら

無臭物語ジェントルエッセンスで悩みを解消した体験談を見てみる

こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 こんな悩みをお持ちなら、当社のサプリメント「無臭物語ジェントルエッセンス」をオススメします。 無臭物語ジェントルエッセンス 無臭物語ジェントルエッセンス

現在地:トップページ加齢臭に関する記事 ミョウバンで消すミョウバンと合わせて活用したい、柿渋とは?